FC2ブログ

縄酔千夜

未成年者閲覧禁止!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

縄の世界についての私見。

これまでずっと「調教」や「奴隷」、「ご主人様」「主」という言葉がどうもしっくりこない。
一時そういう関係でやってみたこともありますが、やはり性に合わない。
縄が好きという縛り方にはこう言う感性の方が多い気がしますがいかがでしょうか。
客観的にみて思想概念を持つ関係性は後付けであるし、緊縛に限ればあまりSM的な意味での主従という必要性を感じません。

しかし実際相手に縄を掛けるならば、絶対的主導権を握ることになってしまいます。
そこには受け手が望む望まないを選択する余地無く。(SMとしての大枠では調教に該当)

どうされてもいい。
好きにして。

という感覚に堕としこんでいくわけですが、ホンの一瞬前まで笑っていた相手を初めて縛るとき、それまでに色々な同意と危険性の説明、限界の合図などを決め交わす時間も必要となります。

相手にとっての
「相手による」
中のさらに
「可」

である人にのみ受け入れられる縛りである。(SM全般に対しても同様ですが)
縛り方は特にそういう認識でなければならない。
赤の他人に対し、こちらの努力は容易ではないです。
縛られるだけで苦痛を強いるのに、それを先ず受け入れてもらうことから。

理想を言うならば、妻。
または特別な感情に成り立つ関係性の、パートナー。
つまり「全力で責任を負う」という関係性が望ましい。
と思います。(あくまで私見。へなちょこ縛り方ですので笑)

縄の世界は、SMの中でも別ジャンルで、それはそれとして深い広がりがあると感じます。



2017030119514646a.jpg


2013120521054548c.jpg



スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

テーマ:SM全般 - ジャンル:アダルト

  1. 2017/03/04(土) 21:39:47|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

限界の見極め

関係が深まると性格や嗜好傾向により舵取りも左右されることとなります。

加虐する立場からすると、どこまでも残酷に責めたくなります。
そして、それがとても美しいと感じるし、加虐でしか性的満足が得られないということもあり、倒錯に至るため更に深く貶め壊したいと無意識に責めてしまうのです。

一方、被虐願望の立場は一概には言えませんが、精神的な満足感に至るために苦痛を受け入れて、そのギャップによる依存に陥りやすいのではないでしょうか。
普段、優しく大切に共に時を過ごして満たされる反面、激しく責められることでそこにも自らの存在価値を見いだしていく。責めによって相手に吐き出しきれない想いと気持ちを埋め、必要とされる安心感を感じる。
その行為を深い悦楽に変換して浸り、脳内で逝くこともあります。

倒錯状態に陥ると意識と感覚が鈍るので事故に留意する必要がある…という互いの立場から考察すれば、加虐する側は絶対的に冷静を保つ必要があります。

理性を保てず、互いに一方が自分本位過ぎるとやがて関係は崩壊することになるでしょう。(精神的世界と肉体的な現実世界での差による後遺症)

SM系のブログが短命であるのには内容がアブノーマルなだけに、そんな事情があると思っています。


20131118005218766.jpg
201311180052166ca.jpg

テーマ:緊縛・ボンテージ - ジャンル:アダルト

  1. 2013/11/23(土) 13:49:13|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

エロ縄と責め縄

年度ごとというか、緊縛系のビデオを観ていると縄掛けのトレンドのようなものが存在する様ですね。

と言っても胸周りの絞り型と言いますか…一部の部位が変化して、縄師が変わっても同じような縛りで少しずつ進化していく。

緊縛指導している方が同じなのかもしれませんが。

自分の縛りなどは本当に進歩がないなと感じながら、新たな閃きを待っています。

ただ動きを封じ、縄または他の小道具によって凌辱するエロ縄。

それとは全く別の、縛りそのものが苦痛に満ちた責めとなる責め縄。

後者では、時間の経過も責めとなり、オブジェとしての要素も大いに期待できます。

そして、縛られた姿はやはり美しい…


テーマ:緊縛・ボンテージ - ジャンル:アダルト

  1. 2013/11/20(水) 04:26:04|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

SMという総称と違和感

総じてSMという言葉がメジャー化して久しい感があります。
そこには変態的性癖という意味合いが込められており、しかし世間様では何でもありであると自分は認識しております。
SとMという需要と供給のバランス。
したいとされたいの関係。
平和的暴力行為?
いや、寧ろされたくなくても強制的に力で制す?
嫌がる相手に対し抵抗力を奪って凌辱する行為?
主従関係で?
痛い?
苦しい?
気持ちいいんか?
理性的能動性性行為(日本語です)

考えれば考えるほどわけがわからないですね。(笑)

縄で縛って酔っ払う姿も、苦痛に堪え忍び汗ばむ姿も、ただただ美しいと感じるエスエマーということでご理解頂きたく存じます。


20131117222649b35.jpg

テーマ:緊縛・ボンテージ - ジャンル:アダルト

  1. 2013/11/17(日) 21:50:38|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

SMとの関わり。

まだ、性への知識はおろか関心自体が朧げであった子供の頃、SMとの出会いは幾つかの原体験として強烈に脳裏に焼き付き、今でもその場面だけは明晰に記憶しているほどだ。その幾つかを紹介すると、

・よく通る産業地帯に設置されていた成人雑誌販売機
・友達と遊ぶ広場や河原などに散乱した劇画紙
・戦隊ものや刑事ドラマでのヒロイン陵辱

などがある。
なぜこんな目に遭わされているんだろうという疑問に対する答えなど無く、ただ悶々と魅入ってしまう残酷美。なぜか美しいという感覚だけが脳裏に焼き付いたのである。

一般よりも強く抑圧された特殊な家庭環境におかれていた幼少期、見てはいけないと禁じられたタブー故に見たい欲求が倍加され、強く惹かれていった「認知的不協和」から刷り込まれたのではと自己分析している。
それくらいは一般的に普通のタブーである。しかしそのタブーを犯すことは、スリルという程度ではすまない程の辛辣な懲罰によって抑制されていたため、倍加される欲求度は桁違いの異常性を持って己を蝕んでしまったのかもしれない。子ども心ながら、大人の女性が裸で微笑んでいるグラビアよりも、薄暗い部屋で縛り吊るされ苦悶している姿に惹かれる自分は”異常”な”心の病気”なのではないかと考えていた。それ故に異常性癖として堅く隠し続け妄想は膨らみ苦悩の時を過ごしてきた。

前述の様に嗜好内容は、全裸女体への縄による緊縛が主としてあった。
そこには哀愁感、被虐感が漂う。反抗的な眼から哀願しもがき泣咽ぶストーリー性のある縛りに(可哀そうに)と感情移入しながら責める加虐倒錯性嗜好。しかし流血を伴うことや汚物に塗れるなどは一切興味が無かった。痛みを与えるだけで被虐倒錯へと導くことは後に偶然経験することになる。

成長し、大人になってからの恋愛を経験した時にそれは性行為の延長として現れ始めた。
幼少期の原体験に自分の妄想を掛け合わせて膨れ上がった加虐嗜好は、今思い返せば余りのエゴ・サディズムで、これまでよく無事だったと胸を撫で下ろすほどの行為もある。同意上での行為も含み、よく堪えて自分の欲求に応えてくれていたと本当に感謝の言葉だけでは言い表せない。
興味本位で妄想を現実化させていくことは、初心のうちは慎重だが経験を重ねると大胆になりより過激になっていく。無限に縄での責め方が浮かび実践してみる。サディストの人体実験さながらに緊縛に没頭し、縛り終えると一定時間無理な姿勢を強いて苦悶の表情を愉しむ。その過程の中で蝋燭や鞭、鎖や皮革拘束具にも興味が広がりレパートリーに加わっていった。それぞれの道具による音や使用時の女体の反応は恐ろしく淫媚で被虐美に満ち、心酔の余り自我を忘れるほどだった。

しかし、この頃はまだ気付くことができなかった。自己陶酔型の技ばかりに気を取られると徐々に本質を見失っていくことに。



[SMとの関わり。]の続きを読む

テーマ:SM全般 - ジャンル:アダルト

  1. 2012/02/01(水) 00:00:57|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

------





奇譚クラブ

隷嬢写真館

緊縛桟敷


検索

アダルト動画検索(18禁)

アダルト動画 DUGA





つづきはこちらに…

少し乱れておりますが


[------]の続きを読む

テーマ:SM - ジャンル:アダルト

  1. 2010/10/02(土) 14:56:09|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

Calendar

04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

The total number of visitors

The current number of visitors

現在の閲覧者数:

simple digital clock


X-DAY

Profile

nawayoi

Author:nawayoi
Link Free
ご意見・ご感想、緊縛モデルさん。
いつでも受付中です。

nawayoi_55@ybb.ne.jp

宜しくお願い致します。

★ new comment

皆様からの応援、励ましのコメントです!

いつもご訪問有り難うございます。また、時々コメント下さいね。

Monthly Archive

Theme

メールでメッセージを送る

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。